FC2ブログ

記事一覧

HOME

『嫁ぐ日まで』技巧が支える親しみ易さ

監督/脚本:島津保次郎 出演:原節子・矢口陽子・杉村春子 1940年 平凡な日常を新鮮で魅力的なものに刷新してしまう島津の資質が十二分に発揮された一本。内容、表現ともに新しい試みが見られないのは少し寂しいが、そのかわりに、ホームグラウンドで羽を伸ばした、寛いだ楽しさがある。 内容的には当時の結婚や家族関係が主に描かれる。登場人物は皆、自分の感情や将来設計より家の存続とその中で果たすべき役割を優先して考え...

続きを読む

『愛より愛へ』他愛なさを称賛させずにおかない

監督 島津保次郎 脚本 大庭秀雄 出演 高杉早苗 1938年 古い映画だが現代においても誰もが気軽に楽しめる良質の娯楽映画だ。 物語は戦前の家制度を背景に階級の違う若い男女のカップルを描く。定石通りに破局や自殺を仄めかす描写を挿入しつつ展開し、観客にドラマティックな悲劇を予感させる。ところが、最後になってそれまでの深刻な展開を台無しにして唐突なハッピーエンドに収束してしまう。もちろん観客は拍子抜けだ。し...

続きを読む

『逆噴射家族』真正の喜劇

監督/脚本: 石井聰互 原案/脚本: 小林よしのり 脚本: 神波史男 1984年 非常識で不謹慎極まりない映画。表題は死傷者を出した痛ましい航空機事故のパロディになっていて、夫と妻、親と子が殺し合い、祖父は孫娘を強姦しようとする……無茶苦茶な映画だ。しかし、だからこそ道徳の範囲内に収束してしまう通常のコメディ映画とは比較にならない面白さがある。 既存の良識と価値観に揺さぶりをかけるのが、喜劇の効用の一つだとすれ...

続きを読む

『浪華悲歌(なにわえれじい)』偶有性と女優の演技

監督:溝口健二 脚本:依田義賢 出演:山田五十鈴 1936年 物語を語る中に一人の女性の様々な側面を描き出したシナリオと、気弱そうに見える女性がタバコを吐き捨てる「不良少女」になるまでを演じた山田五十鈴が、まず最初に気づくこの映画の魅力だ。 山田演じるアヤコは貧しく荒んだ家庭の娘であり、同年代の恋人がいる若い女性だ。一方で豪華なアパートに囲われた愛人であり、男を騙す悪女でもある。伝統的な着物姿からモダン...

続きを読む

『東京の女』優れた表現と空虚な物語

監督:小津安二郎 出演:岡田嘉子・江川宇礼雄・田中絹代 1933年壁一面の時計が物語上の意味を持たず、あくまで表現としての魅力を発露する。 ほぼテクニックだけで出来ているような映画。内容的には無意味な悲劇だが、語り口が簡潔明瞭で決して観客を退屈させないし、逆にそのテクニカルな表現の面白さを堪能させてくれる。 二人暮らしの仲のいい姉弟がいて、姉のちか子がタイピストをして生計を立て、弟の学費や小遣いを出してや...

続きを読む

『噂の娘』 洗練された演出と悲劇

監督/脚本:成瀬巳喜男 出演:千葉早智子・梅園龍子 1935年 小さな一家族の悲劇を描いた内容がどの程度観客の興味を引くかはともかく、表現においては熟達した技巧が技巧そのものを意識させない自然さを獲得していて、作品の背後に作り手の存在を感じることなく観客は安心して内容に集中できる。この時の成瀬はすでに日本映画を代表する監督の一人になっていると言っていいだろう。 床屋から見る老舗の酒屋から始まり、その酒屋を...

続きを読む

『ゴッドファーザー』 巧緻を極めた表現と卓越した着想

監督 フランシス・フォード・コッポラ 1972年 アメリカ映画 我々人間の営んでいる社会生活からその生存競争としての本質を抽出したような内容、設定・物語・描写に通底するリアリズム、多彩な対照描写などがこの映画の魅力だ。また、表現面では個々の構成要素がそれぞれ堅実で優れていて、ほとんど欠点らしい欠点がない。そして、この映画はそれらの優れた特徴を観客に意識させない。斬新さや突出した技巧で観客を驚嘆させるこ...

続きを読む

『赤い影』 意図と表現の乖離

監督 ニコラス・ローグ 1973年 イギリス・イタリア映画 『赤い影』はオカルト映画であり、また一組の男女の心理を描いた映画でもある。恐怖の演出は煽情的でなく、意味ありげな描写と展開でじわじわと怖がらせようというスタイルだ。主人公の男女の心理はその志向の違いを含めて丁寧に描かれている。その確かなキャラクター描写と被写体としての冬のベネチア、赤い色などが印象的な映画だ。ただ、残念なことにそれら以外の部分...

続きを読む

『君と別れて』 成瀬巳喜男サイレント期の代表作

監督 成瀬巳喜男 1933年 生活のため芸者をしている菊江、その息子の義雄、同じく芸者で彼らの幼馴染の照菊、3人の関係を描いた映画。照菊の物語としては悲劇、義雄の物語としては切ない青春の1ページといったところだろうか。 ストーリーは平凡だが、成瀬作品ではそれが欠点にならない。語り口が軽快で、細分化されたカットが同じ場面を多様な角度から次々と映し出して見せてくれるので、視覚的に飽きない。その目まぐるしいカ...

続きを読む

『父ありき』 編集の飛躍

監督 小津安二郎 1942年 時間表現が優れている。 小津の作品としては前年の『戸田家の兄妹』で父親が倒れた後、一気にその葬式の場面にとぶ編集があったが、『父ありき』ではその手法がすでに自家薬籠中の物となっている。 笠智衆が生徒に修学旅行の話をすると次のカットでもう鎌倉大仏の前での記念撮影になり、芦ノ湖で生徒に事故が起こったらしいという場面からその生徒の葬儀の場面に跳ぶ。省略を含んだ編集が、観客の感性...

続きを読む

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する