FC2ブログ

記事一覧

HOME

『麗猫伝説』映画の嘘

監督:大林宣彦 出演:入江たか子・風吹ジュン 1983年に火曜サスペンス劇場の一編として作られたテレビ映画で、1998年に劇場公開されている。完成度は極めて低いが、虚構性の露わなディティールや短い1ショットの美しさを備えた大林宣彦らしい一作だ。 戦前の大女優で戦後は化け猫女優として知られた入江たか子が出演していて、作品の内容も彼女へのオマージュとなっている。この映画の描く世界では、映画自体は現実の世界同様、...

続きを読む

『可愛い悪魔』美しい仮構の世界

監督:大林宣彦 出演:ティナ・ジャクソン(川村ティナ)・秋吉久美子 1982年 手作り感ある仮構の作品世界と数々の特殊で美しいイメージに際立った魅力がある。 日本テレビの「火曜サスペンス劇場」の一作として作られた作品で、映像や音声の品質はテレビドラマそのものだし、大袈裟で不自然な演技、過剰に使用されて煩わしい背景音楽など、弱点も沢山ある。映画としては鑑賞に耐えられないレベルに見えるかもしれない。 しかし、...

続きを読む

『グロリア』活劇とリアリズム

監督:ジョン・カサヴェテス 出演:ジーナ・ローランズ 1980年 アメリカ映画 とにかくグロリアがカッコいい。小さな少年を守ってギャング相手に拳銃をぶっ放し、敵の事務所に単身乗り込んで交渉する。更にそんな彼女を突き動かしているのは無償の善意ときている。正義の味方だ。普通なら白々しい絵空事になってしまうこと請け合いだが、その映画の嘘にジーナ・ローランズの顔と身体、演技が強烈な存在感を与え、ジョン・カサヴェ...

続きを読む

『逆噴射家族』真正の喜劇

監督/脚本: 石井聰互 原案/脚本: 小林よしのり 脚本: 神波史男 1984年 非常識で不謹慎極まりない映画。表題は死傷者を出した痛ましい航空機事故のパロディになっていて、夫と妻、親と子が殺し合い、祖父は孫娘を強姦しようとする……無茶苦茶な映画だ。しかし、だからこそ道徳の範囲内に収束してしまう通常のコメディ映画とは比較にならない面白さがある。 既存の良識と価値観に揺さぶりをかけるのが、喜劇の効用の一つだとすれ...

続きを読む

『快盗ルビイ』 表現の魅力と映画としての失敗

監督 和田誠 1988年 作品世界が魅力的だ。自然主義的なリアリズムにはっきりと背を向けて、オシャレで楽しいデフォルメされた虚構世界を作り出していく。 手作り感のある夕焼け空や窓外の星空、突然部屋の中で主演の二人がミュージカルを演じ出し、舞台劇のようなスポットライトを浴びる演出、特撮映画のような夢の場面、侵入した高級マンションの一室でのドイツ表現主義のような光と影の交錯など、個性的で面白い表現が随所に...

続きを読む

『麻雀放浪記』虚実の混淆が生む映画的魅力

監督 和田誠 1984年 一見マニアックな題材が実に面白い映画になっている。 様々な手法で再現された「戦後の日本」はリアリティを持ちつつ手作りの創作感にも溢れていて、虚実入り混じった魅力的な仮構世界を形成する。他方、その世界の中に描き出される博徒たちの特殊な社会とそこに生きる人々は一転して現実そのもののような実在感だ。その虚実皮膜の世界で展開される彼らの真剣な騙し合いがこの映画の核だ。現実的な状況、実...

続きを読む

『ドリームチャイルド』 愛情に溢れたオマージュ

監督 ギャヴィン・ミラー 1985年 イギリス映画 『ドリームチャイルド』は良質の娯楽映画だ。よくできた堅実な作りで『不思議の国のアリス』のファンタジーとしての魅力、郷愁に満ちた『黄金の午後』を具現化していて、特に原作の読者には素晴らしい贈り物となっている。原作の一部を映像化した部分はこれまでに映画化されたどの『不思議の国のアリス』よりも魅力的だ。 また、意図したものではないだろうが、過去と現在、幻想...

続きを読む

『ときめきに死す』 森田芳光の才能が発揮された一本

監督 森田芳光 1984年 醒めた描写と虚無的な物語に新鮮な面白さがある。心理を排した客観的な描写の冷たさ、登場人物たちの営みから意義が失われていく物語の虚無感、それらが一般的な娯楽映画の感情を刺激しようとする描写と物語の肯定的な嘘に慣らされた我々観客の目にはとても新鮮だ。 描写は観客に感情移入を促すことなく、物語も終盤までほとんど何も起こらず淡々と進む。が、その奥底には劇的な意味作用が密かに流れてい...

続きを読む

『ブルーベルベット』 優れた技巧と社会の暗部

監督・脚本 デヴィッド・リンチ 1986年 アメリカ映画 類型的な題材を扱いながらも個性的な映画だ。一見ありきたりな犯罪スリラーのような物語が展開していくが、その定型的な物語を語るストーリーテリングの巧さ、キャラクター、描写など全てが類型からズレたオリジナリティを見せ、やがて人と社会の後ろ暗い裏面を前景化していく。 また、全編技巧が冴えわたっていて、その技術の確かさは「この部分が巧い」というようなもの...

続きを読む

『ツィゴイネルワイゼン』 関係性の映画

監督:鈴木清順 脚本:田中陽造 1980年 この映画は現実と幻想、事実と虚構の境界が不分明で、それが特徴であり魅力でもある。一般的な映画では判明な出来事の連鎖としての物語があり、その起承転結に面白さがあるものだが、『ツィゴイネルワイゼン』はそういう映画ではない。曖昧模糊とした描写と物語が観客に解釈を求めて蠢く。それが意味作用のままに留まったり、様々な解釈に結びついたりするところに魅力がある。  開かれ...

続きを読む

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する