FC2ブログ

記事一覧

HOME

『腰辨頑張れ』成瀬巳喜男、現存最古の監督作

監督/原作:成瀬巳喜男 1931年 成瀬巳喜男8本目の監督作。現存最古の成瀬作品でもある。今日の目で見ると月並みなストーリーだが、単なるドタバタコメディに留まらず、生きた人間の悲哀を盛り込んだことが当時は高く評価されている。'30年代初頭、日本映画がまだ発展途上にあり、成瀬自身もキャリアをスタートして1年ほどの頃だ。 そして統一された全体としての作品の出来は平凡かもしれないが、細部には魅力も沢山ある。日常の...

続きを読む

『まごころ』人と視点の移動

監督/脚本:成瀬巳喜男 出演:入江たか子・加藤照子・悦ちゃん 1939年 人の移動を描いた映画だ。常に動き続ける人と視点とがこの映画の大きな魅力になっている。 冒頭から「大日本愛國婦人會」の人々がゾロゾロと列をなして移動していく。カメラがその中の婦人二人を追う。と、橋の上で彼女たちが女の子二人組と行き交う。すると今度は女の子たちを追って視点は逆向きに移動していく。もう、人やカメラの動きに快感が伴っている...

続きを読む

『噂の娘』 洗練された演出と悲劇

監督/脚本:成瀬巳喜男 出演:千葉早智子・梅園龍子 1935年 小さな一家族の悲劇を描いた内容がどの程度観客の興味を引くかはともかく、表現においては熟達した技巧が技巧そのものを意識させない自然さを獲得していて、作品の背後に作り手の存在を感じることなく観客は安心して内容に集中できる。この時の成瀬はすでに日本映画を代表する監督の一人になっていると言っていいだろう。 床屋から見る老舗の酒屋から始まり、その酒屋を...

続きを読む

『夜ごとの夢』 栗島すみ子の演技と成瀬巳喜男の演出

監督/原作:成瀬巳喜男 脚本:池田忠雄 出演:栗島すみ子 1933年 ヒロインの個性的なキャラクターとそれを表現した栗島すみ子の演技、そして成瀬巳喜男の技巧的で力強い演出がこの映画の魅力だ。特にその自己主張の激しい演出は当時の観客の記憶に否応無く成瀬の名を刻みつけたに違いない。若さと意欲を感じさせ、多少の稚拙さはあっても、円熟期の慣れに伴う退廃は全くない。この時期が成瀬の最初のピークだろう。当時のキネマ旬...

続きを読む

『秀子の車掌さん』「爽かなソーダ水みたいな作品」

監督:成瀬巳喜男 出演:高峰秀子 1941年 当時のアイドル映画と言っていいだろう。成瀬巳喜男は仕事を選ばない人だったらしい。ただ普通のアイドル映画とは違う。主演は17歳にしてすでに57本の出演作がある後の大女優、高峰秀子だ。現在から遡って見ると成瀬・高峰の初コンビとして却って注目してしまう。しかし映画はほとんど内容らしい内容もなく、高峰の魅力に依存するわけでもない。非常に淡白な作品だ。 田舎の路線バスの車...

続きを読む

『君と別れて』 成瀬巳喜男サイレント期の代表作

監督 成瀬巳喜男 1933年 生活のため芸者をしている菊江、その息子の義雄、同じく芸者で彼らの幼馴染の照菊、3人の関係を描いた映画。照菊の物語としては悲劇、義雄の物語としては切ない青春の1ページといったところだろうか。 ストーリーは平凡だが、成瀬作品ではそれが欠点にならない。語り口が軽快で、細分化されたカットが同じ場面を多様な角度から次々と映し出して見せてくれるので、視覚的に飽きない。その目まぐるしいカ...

続きを読む

『妻よ薔薇のやうに』 成瀬巳喜男 戦前の代表作

監督 成瀬巳喜男 1935年 成瀬の戦前の代表作で1935年のキネマ旬報ベストテン1位。 当時の現代劇。物語の本筋はちょっと悲しい話でもあるが、君子のキャラクターをはじめ楽しい要素も多い。登場人物は皆、理性的に振る舞い、描写は心理に深入りしない。カットはリズミカルで、あくまで軽く、深刻にならずに楽しめる。 現代の観客が見ると1935年の同時代的描写が最初に気づくこの映画の魅力だ。当時の都会や農村の様子が見られる...

続きを読む

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する