FC2ブログ

記事一覧

HOME

『残菊物語』卓越した描写と偶有性

監督 溝口健二 1939年  二人の馴れ初めは右向きの移動撮影、追い出された  お徳は左向きのパンで去っていく。 シーン内での時間・空間の連続性の維持が徹底されていて、その完成度が異常に高い。『浪華悲歌』の頃、要所要所で使われて効果を発揮していた ”場” の演出がほぼ全編に拡大され、緊張感を漲らせている。その張り詰めた空気は観客にも伝わってくるほどで、撮影時の演者とスタッフの緊張はとんでもないものだったろ...

続きを読む

『浪華悲歌(なにわえれじい)』偶有性と女優の演技

監督:溝口健二 脚本:依田義賢 出演:山田五十鈴 1936年 物語を語る中に一人の女性の様々な側面を描き出したシナリオと、気弱そうに見える女性がタバコを吐き捨てる「不良少女」になるまでを演じた山田五十鈴が、まず最初に気づくこの映画の魅力だ。 山田演じるアヤコは貧しく荒んだ家庭の娘であり、同年代の恋人がいる若い女性だ。一方で豪華なアパートに囲われた愛人であり、男を騙す悪女でもある。伝統的な着物姿からモダン...

続きを読む

『祇園の姉妹』優れた着想・描写と相反する人物表現

監督 溝口 健二 1936年 『祇園の姉妹』は成功への偏った信念を持った人物が、それに基づいて行動する様を描いた映画と言えるだろう。その行動が他人や社会にどう作用し、どのような反作用が返ってくるかという実験をしてみせているようで、観客も興味深く見ることができる。 映画は山田五十鈴演じる「おもちゃ」の個性的なキャラクターが物語を展開させていく。自らが事を起こし物語を作り出していく、まさに主人公らしい主人公...

続きを読む

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する