FC2ブログ

記事一覧

HOME

『麗猫伝説』映画の嘘

監督:大林宣彦 出演:入江たか子・風吹ジュン 1983年に火曜サスペンス劇場の一編として作られたテレビ映画で、1998年に劇場公開されている。完成度は極めて低いが、虚構性の露わなディティールや短い1ショットの美しさを備えた大林宣彦らしい一作だ。 戦前の大女優で戦後は化け猫女優として知られた入江たか子が出演していて、作品の内容も彼女へのオマージュとなっている。この映画の描く世界では、映画自体は現実の世界同様、...

続きを読む

『可愛い悪魔』美しい仮構の世界

監督:大林宣彦 出演:ティナ・ジャクソン(川村ティナ)・秋吉久美子 1982年 手作り感ある仮構の作品世界と数々の特殊で美しいイメージに際立った魅力がある。 日本テレビの「火曜サスペンス劇場」の一作として作られた作品で、映像や音声の品質はテレビドラマそのものだし、大袈裟で不自然な演技、過剰に使用されて煩わしい背景音楽など、弱点も沢山ある。映画としては鑑賞に耐えられないレベルに見えるかもしれない。 しかし、...

続きを読む

『金田一耕助の冒険』全編に溢れる虚構性

監督 大林宣彦 1979年 日本で『月世界旅行』が公開されてから74年が過ぎた頃『金田一耕助の冒険』は公開された。しかし、残念なことに1979年の人々は映画の虚構としての面白さを忘れてしまっていて、この映画はとても不評だったようだ。キネマ旬報のベストテンでは批評家からは無視されてなんと得票0、観客選出でも25位と低迷している。 当時はリアリズム以外は認めないとするような考え方が大勢を占めていたのだろうか? そ...

続きを読む

『HOUSE ハウス』 大林宣彦の遊び心に溢れたデビュー作

監督 大林宣彦 1977年 『HOUSE ハウス』は映画の楽しさを堪能させてくれる映画だ。題材的にはホラー映画であり、実際怖い場面もあるにはあるのだが、その怖さは遊園地のお化け屋敷のように楽しい。娯楽作品とは言ってもこれだけ無意味に徹して観客を楽しませてくれる映画はそうそうないだろう。勿論それだけ作品の出来が素晴らしいということなのだが、批評家には評価されづらそうだ。自然主義的リアリズムから懸け離れたところ...

続きを読む

『この空の花 長岡花火物語』ある意味で典型的な反戦映画

監督 大林宣彦 2012年  男性教員が「雨が痛いな」という場面が面白い。何のことか分らないが、それがいいのだろう。この映画でほとんど唯一作品の構造に回収されない自由な表現だ。他にも女性記者の年老いた母親が踊っている姿に過去の若いころの姿が重なる場面はとても綺麗なイメージだし、登場人物が唐突にカメラに向かって語りかけたり、テロップが表示されたり、時系列を無視したカットなど、様々な表現上の試みもある。 ...

続きを読む

『時をかける少女(1983年)』 拙さが際立たせる手作りの美

監督:大林宣彦 出演:原田知世 1983年 全体が破綻していても美しい1カットの魅力が勝る映画もあるかもしれない。『時をかける少女』はそういう映画だ。 この映画を見始めると誰もがすぐに幾つかの欠点に気づくだろう。冒頭から役者の演技がひどく、台詞は棒読み、特殊効果も稚拙で、最初のシーンだけで観客にはこれがいかにひどい映画か分るはずだ。中学生が作ったのだろうかと真剣に疑う場面が頻出する。しかしそれらの場面...

続きを読む

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する