FC2ブログ

記事一覧

HOME

『ときめきに死す』 森田芳光の才能が発揮された一本

監督 森田芳光 1984年 醒めた描写と虚無的な物語に新鮮な面白さがある。心理を排した客観的な描写の冷たさ、登場人物たちの営みから意義が失われていく物語の虚無感、それらが一般的な娯楽映画の感情を刺激しようとする描写と物語の肯定的な嘘に慣らされた我々観客の目にはとても新鮮だ。 描写は観客に感情移入を促すことなく、物語も終盤までほとんど何も起こらず淡々と進む。が、その奥底には劇的な意味作用が密かに流れてい...

続きを読む

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する