FC2ブログ

記事一覧

HOME

『ゴジラ(1954)』強烈なキャラクターの確立と丁寧な演出

監督 本多猪四郎 1954年 ゴジラの映画であり、いわゆる怪獣映画だ。観客にとっては見たことはなくとも「ああ、あのゴジラね」と見る前から何となく分った気になるものだが、この映画はとてもよくできていて今見ても面白い。勿論1954年に見るインパクトには及ばないが。 まず作中の人物たちにとってゴジラを未知の存在として描いていくのがいい。観客も作品の展開に合わせて彼らとともにこの作品世界におけるゴジラを徐々に知っ...

続きを読む

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する