FC2ブログ

記事一覧

HOME

『シン・ゴジラ』存在感を取り戻したゴジラと「今」のリアリズム

監督 庵野秀明 2016年

シン・ゴジラ 『シン・ゴジラ』はゴジラを作中の人々にとって未知の生物として描き、観客が実際に初めて見る形態で登場させて徐々にゴジラへと変態させる。これによって何度も映画化されすっかり使い古されていたゴジラのキャラクターを刷新し、再び緊迫感を持った物語を可能にしている。
 ゴジラへの感情移入や陳腐化し易い人間のドラマを排除しているのもこの映画の強みだ。
 そして映画は自信に満ちている。リアリティを確保した上で、これからどうなるかを追っていくだけでそこから外れる描写は一切ない。なぜ?という問いは気にも留めない。それがテンポの良さにもなっているのだろう。
 巨大不明生物と人間との種の戦いを描き、キャラクターを持つ個人はその戦いに参加している人物に限られる。憎悪にしろ同情にしろゴジラに対するいかなる個人の感情にも意味を持たせない。
 さらに災害を捉えた現実の映像をその媒体から再現するような描写、ドキュメンタリーのようなタッチで日本政府の対応を時系列に沿って追っていくことなどで高いレベルでリアリティを維持している。政府の対応、自衛隊の攻撃、被害の状況、政治的・経済的なリアクションなど現実味に溢れていて、終盤まで緊迫感は途切れない。
 また、人間側の攻撃が現実的であり、かつ、その攻撃が効かない様を見せることでゴジラの強さ、その脅威が明確に伝わってくる。
 ゴジラを倒す方法もその体内に生息する微生物を利用するなど観客を白けさせるような設定も一切ない。SF映画に必要なリアリティを実際に備えた初めての怪獣映画かもしれない。

シン・ゴジラ ただ、終盤に失速するのは1作目の『ゴジラ』と似ている。最後になってリアリティを手放してしまう。
 ヤシオリ作戦の描写だ。電車が物理法則を無視してゴジラの体に巻き付く。非常に不自然な映像だ。また、ビルの爆破によって大量に散乱したはずの瓦礫の中をポンプ車はどうやってゴジラの口まで近づいたのか? しかもあれだけ限られた時間内で。描かれていないが瓦礫の除去も含め、彼らの計画は理想的にうまくいったのだろうが、それでも数十メートルの誤差はありそうなものだが。エンターテイメント映画として観客が楽しめる演出を施したのだろうか? 意表を突いた展開、観客の願望を反映した爆発…だったのかもしれない。いずれにせよこれらの描写は失敗している。この描写では楽しめるのは作り手だけだ。戦闘の前に勝敗が決していれば、できる限り派手に勢いで見せた方が観客も盛り上がれるだろう。しかし、ここでは勝敗がこの最後の戦いで決する状況だ。まだ観客が喜ぶ場面ではない。手に汗を握る緊張した場面だ。そこでこの演出では作戦の経過はあまりに都合よく行き過ぎ、爆発はいかにも不自然に見える。作戦の具体的内容を観客に予め見せておいて、その成否に一喜一憂させる演出であるべきところだ。もしくはこの描写を変えないのであれば元素変換抑制剤の解析や作戦立案時などのタイミングで勝負が決しているという描写が必要だっただろう。
 他にも、米国特使の描写全般が作品の性質から言って明白なミスマッチとなっている。作劇上でもせっかく排除した人間のドラマを”おばあちゃんの国”云々と言って一人持ち込んで浮いた存在になってしまう。

 とは言え、多少の弱点はあっても『シン・ゴジラ』は1作目以来その神秘性や暗喩性をすっかり失って陳腐化していたゴジラのキャラクターを刷新し、リアルな演出で終盤まで緊迫感を保った面白い映画だ。インパクトそのものは勿論1954年の初登場には及ばないが、その存在感と神秘性は1作目を越えている。
 現代の映画におけるリアリティの扱いを考えさせられる映画であり、怪獣映画の傑作であり、日本の実写映画では珍しくSFとして楽しめる映画でもある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

拍手とコメント、両方して下さる方はお手数ですが、コメントは下のコメント欄にご記入下さい。拍手ボタンを押した後に出てくる「拍手コメント」に書き込んでも通常ページには表示されない仕様になっているようです。                       ⋮

コメントの投稿
非公開コメント

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する