FC2ブログ

記事一覧

HOME

『グロリア』活劇とリアリズム

監督:ジョン・カサヴェテス 出演:ジーナ・ローランズ 1980年 アメリカ映画

『グロリア』ついに組織に敵対行動をとるグロリア とにかくグロリアがカッコいい。小さな少年を守ってギャング相手に拳銃をぶっ放し、敵の事務所に単身乗り込んで交渉する。更にそんな彼女を突き動かしているのは無償の善意ときている。正義の味方だ。普通なら白々しい絵空事になってしまうこと請け合いだが、その映画の嘘にジーナ・ローランズの顔と身体、演技が強烈な存在感を与え、ジョン・カサヴェテスのリアルな演出が見事にグロリアを1980年のニューヨークに実在させてしまう。

 彼女は若く美しいヒロインではない。やさぐれたおばさんだ。朝っぱらからビールを飲み、いつも煙草を吸っている。助けた少年フィルに「ブタ」だの「お母さんの方がきれい」だのと悪態をつかれる中年女性だ。彼女の方も時に彼を突き放し、見捨てようとしながらも守り続ける。
 描写は活劇の合間を縫って、食べることと眠ること、そして金銭と、人間が生きるために必要不可欠な基底を執拗に描いていく。そして観客は知るのだ。どうやら彼女は架空の人物ではないらしい。我々と変わらぬ現実的な存在だ………。

『グロリア』貸金庫の100ドル札の束 危機は現実的に演出されるし、舞台もニューヨークの雑多な人々が乗り合う路線バスの車内、壁のあちこちが壊れ、掃除もされていないボロアパートと非常にリアルだ。何度も画面の片隅に捉えられるヤンキースタジアム、落書きだらけの地下鉄、人心の荒廃を感じさせる建物やボロボロのタクシー……。これらは当時のニューヨークのリアルな現実なのか、映画の演出か? グロリアの宿泊を断る一流ホテルのフロント、銃声がしているのに「警察を呼ぶぞ」と言いつつまだ通報していないらしいボロアパートの住人など。1980年のニューヨークの街そのものと、そこに生きる人々のリアルな描写が非常に魅力的だ。

 反対に主人公とストーリーの骨格はヒーロー物の類型そのままで、ある家族の危機に表題でもある ”グロリア” が西部劇の風来坊のようにブラリと現れ、登場人物の口から「グロリアだ」とその名が告げられる。まさにプリマドンナの登場だ。彼女はその家族から大切なものを託され、それを守って戦うことになる。何もかもお決まりのパターンで、観客としては飽き飽きしているはずだが、リアルな描写がそんなことは微塵も感じさせない。それに脚本は映画が始まるより先に物語を展開させていて、観客は突然その真っ只中に放り込まれ、追いつくのに必死で類型性を感じる暇などないのだ。

『グロリア』地下鉄内での攻防 途中、グロリアは託された男の子を守るかどうか逡巡する。ただ物語を先に進めるだけなら不要な描写だ。しかし、数々の映画の主人公がそうしてきたように彼女も逡巡する。『椿三十郎』で三十郎が何度も立ち去ろうとしてからようやく若侍たちを助ける決断を下したように、グロリアはフィルを見捨てようとしながら、しかしついに組織の男たちに向けて銃を撃つ。主人公の動機は散々もったいぶってから、観客にハッキリと見える形で派手に形成するに限るのだ。

 現実そのもののようにリアルな作品世界の中で、殊更定番の手順をきっちりと踏んでいく型通りの物語が実に面白い。この構造こそこの映画の魅力の核心だろう。虚構性も露わな物語によって描写のリアルさはより魅力を増し、リアルな描写によって類型的な人物と物語は元来持っていた面白さを存分に輝かせている。

『グロリア』ピッツバーグで再会する二人 クライマックスの激しい銃撃戦は途中でカットされて、観客をハラハラさせる。ストーリーは活劇映画の定番中の定番なのだからラストはハッピーエンドに決っているはずだ。我々観客はそう考えるし、もちろんそれを望んでもいる。しかし、ここまでリアルな現実を描いた映画が、ラストにグロリアが生き延び、フィルと再会するというような奇跡を描いたりするものだろうか? 彼女は死んだ方がずっと真実味がある。だとしたら……。 観客が固唾をのんで見守っていると、そこに幸せな結末が訪れる。

 リアルで厳しい現実の中に幸福な活劇の夢を見させてくれる素敵な娯楽映画だ。そしてグロリアが託された二つのもの。手帳はこの娯楽作品におけるマクガフィンに過ぎなかったが、少年フィルはそうではない。『グロリア』は人の心を描いた映画でもあるのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

拍手とコメント、両方して下さる方はお手数ですが、コメントは下のコメント欄にご記入下さい。拍手ボタンを押した後に出てくる「拍手コメント」に書き込んでも通常ページには表示されない仕様になっているようです。                       ⋮

コメントの投稿
非公開コメント

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する