FC2ブログ

記事一覧

HOME

『ファンタスティック・プラネット』独創的なSFアニメ

監督:ルネ・ラルー 原作:ステファン・ウル 美術:ローラン・トポール 仏・チェコスロバキア 1973年

 不思議な世界観が気持ち悪くも魅力的な映画。不気味でシュールな設定、それに形を与えた美術、奇妙でありながら現実的な物語、とにかく何もかもが独創的だ。

『ファンタスティック・プラネット』ペン画のタッチを残した作画 映画を見始めるとまず、ペン画のようなタッチを残した手描きの絵がそのまま動くのに驚かされる。どの作品を見ても質感が一様な日本やアメリカのアニメに慣れた目には実に新鮮に見える。
 更にローラン・トポールデザインの奇妙な生き物たち、ドラーグ人が巨大なわたあめ状の何かを食べていたり、瞑想中のドラーグ人の目や身体の気味の悪い変容など、その独創的なビジュアルと世界観はセンス・オブ・ワンダーの塊だ。
 物語は最初のうち、少しテンポが遅く感じられるかもしれないが、何しろ描写の魅力が傑出しているし、やがて骨格のしっかりした物語が動き出すので全く問題ない。物語もアニメには不似合いなリアルで興味深い展開を見せる。
 全てにおいて着想が優れているのは勿論、これを商業映画として制作できる環境があるというのもすごい。

『ファンタスティック・プラネット』ドラーグ人の少女 冒頭、不条理な苦難に遭遇する母子。賽の河原やシジフォスの神話などを連想させる虚しさが漂っている。そこに感情移入して見ているといきなり青い巨人に視点が移って価値観が転倒してしまう。不条理な悲劇だったはずの出来事が、無邪気に虫を弄んで殺してしまう子供の他愛ない日常に変容するのだ。その後も、人間たちを小さく黒く蟻のように捉える構図、害虫のように彼らが駆除されていく様子など、逆転した価値観から見る人間が実に面白い。ドラーグ人の側に感情移入してみると人間を過小評価しているらしいことにちょっと危機感を覚えてしまったりもする。人間ほど凶暴で抜け目ない生き物などいないことを人間である我々観客はよく知っているからだ。青い人間と害虫、凶悪な異星人と人間という二つの異なる価値観の間を行き来する視点には非常に困惑させられる───つまり、大いに認識を揺さぶられる。そのセンス・オブ・ワンダーをもたらす設定と見せ方、着想はやはり卓越している。

『ファンタスティック・プラネット』気持ち悪く独創的な世界観 やがて、ドラーク人が人間の全面的な駆除に乗り出して大虐殺が起こり、生き延びた人間たちはより発展するのだが、ここで物語は非常に興味深い展開を見せる。ロケットで逃げ出した人間たちの辿り着いた先が地球でした───とか、ドラーグ人を人間が打ち倒してハッピーエンド、などという定型的な物語には落ち着かず、両者はなんと軍事力を背景にした均衡によって共存するのだ。アニメ映画とは思えない現実的な帰結だ。そしてドラーグ人は人間に代えて新たなペットを手にするという皮肉な寓話が語られて映画は終わる。

 『ファンタスティック・プラネット』は特異な世界観とビジュアルを持つ独創的なアニメーション映画であり、観客の価値観を揺さぶる見事なSF映画だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
コメント

拍手とコメント、両方して下さる方はお手数ですが、コメントは下のコメント欄にご記入下さい。拍手ボタンを押した後に出てくる「拍手コメント」に書き込んでも通常ページには表示されない仕様になっているようです。                       ⋮

コメントの投稿
非公開コメント

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する