FC2ブログ

記事一覧

HOME

『レザボア・ドッグス』 B級映画の顔を持った一級品

監督 クエンティン・タランティーノ 1992年 アメリカ映画

 初監督作でいきなり才能が爆発している。優れた映画監督にはキャリア初期に傑作を作ってしまうタイプと徐々に才能を発揮してやがて傑作を撮るタイプがあるとしたら、タランティーノは明かに前者だ。
 様々な引用で構成されつつ出来上がった映画はしかし見事に個性的だ。数々の影響や引用がタランティーノ本人をはじめとする多くの人によって語られている映画でもあるが、それらの言説は功もあれば罪もありそうだ。我々鑑賞者がそれを語るのはもう控えた方がいいだろう。必要なことはこれまでに十分語られているし、それを強調し過ぎるのは却って他の観客の感受性を制限してしまいそうだ。我々自身がその引用の発見によって正体を突き止めたような気になって自ら鑑賞の幅を狭めてしまっていることもあるかもしれない。「メタ・フィクション」と語った途端に「ああ、あれね」とカテゴライズされて、そこから溢れた魅力が零れ落ちて消え去ってしまうようなものだ。

 映画は無意味なエピソードトークに満ちていて、作中にそのエピソードトークを図解したかのような劇中劇も登場する。構成は時系列を入れ替えて、かなり明確な紀伝体を導入している。動と静が対照し合う編集、細部の凝った描写、個性的な背景音楽、全ての面で「センスがいい」という形容が当て嵌るだろう。

『レザボアドッグス』 オープニングあけにティム・ロス演じるオレンジがいきなり血塗れになっている場面 冒頭、レストランでの主要人物たちの「Like A Virgin」を巡る会話とたった1ドルのチップを払うか払わないかのどうでもいいような諍いが、彼らのキャラクターを表出する。そして彼らが席を立つところからフェードアウトしていき、K・ビリーの紹介に沿って「Little Green Bag」が流れ、歩く彼らのスローモーションに合わせてのオープニング・クレジット。センスのいい魅力的な導入だ。

 その後も時制を入れ替え、過去と現在、静と動を対置する構成が魅力的な映画的時間を作り出し、観客の興味を掴んで離さない。
 オープニング曲が終わる前にオレンジの「死にそうだ」という音声が入り、場面はいきなり血まみれのオレンジが叫び、ホワイトが運転する車の中になる。観客には全くその継起が分からない。そこから徐々に事態が明らかになっていきつつ静的な倉庫内のシーンがしばらく続くとまた突然、警官から逃げるピンクを移動撮影で捉えた激しいアクションシーンが現れる。その後も倉庫内の会話シーンが少し続くとホワイトやブロンドの物語が挿入され、シーンの移行時にはK・ビリーの流す音楽が新たな情感を加える。そのリズミカルで対照の効いた構成によって常に描写の鮮度が保たれ続ける。そして最後に挿入されるオレンジの物語は作品を体現する内容を含み、冒頭に繋がることで、すべての描写が統合されクライマックスに至る。
 音楽の使い方や音声を先行させるカット繋ぎなども含め、音の演出も魅力的だ。ブロンドが倉庫から出ると音楽が消えていき、静かな屋外にはどこからか子供の声が遠く聞こえている。ブロンドが倉庫に戻ると再び「Stuck In The Middle With You」が彼の残忍な行為を伴奏する。音によって空間を描く演出の臨場感、その直後、彼を撃つ銃声のアクセントの効果も目覚ましい。

 オレンジのエピソードはとりわけ魅力的だ。
 映画はここでオレンジのエピソードトークの練習と実践を描き、彼がどのように仲間たちを欺いてきたかを明らかにしていくのだが、その描写は作品自身が観客に対して彼の偽りのキャラクターをどのように設計し演出してきたかの内実の披瀝ともなっていて、作品の内と外におけるレベルの異なる二つの意義が重なりあって映画的魅力が横溢している。
 夜の飲食店での「便所の話はしたか?」から始まり、白昼の屋上、自室での練習、落書きで埋め尽くされた舞台、夜のクラブでの実践と、虚構の作成過程が描かれていく。

 「自然に振る舞うんだ」
 「細かい部分にこだわれば説得力が増す」
 「便所の細部にこだわれ。手拭きは紙かドライヤーか? 個室にドアはついているか?」

 これらの台詞は数々のエピソードトークによって構成されたこの映画がまさに実践してきたことだ。
『レザボアドッグス』 カメラを直視する虚構の警官たち そしてその中に更に架空の回想シーンが現れる。トイレで警官に出くわす虚構の描写は他のシーンと同等なリアリティの水準を維持していながら、警官を演じる人々に向かってオレンジ演じる密売人が突然その心理と状況を説明し出す。警官たちはそれを黙って聞き終わると何事もなかったかのように演技を再開する。その極めて不自然な描写は、まさしく演技を図解し映画そのものを語っている。映画と我々観客の間に結ばれている暗黙の了解に触れてくる感触が実にスリリングだ。ドライヤーの強調された効果音と警官が訝しげにカメラを直視する映像、そこには存在しないはずの架空の緊迫感が確かに存在している。

 虚構であることを露わにした不自然な描写、その描写がそのまま映画の自己言及となるように配置した構成など、着想が卓越している。B級映画の顔を持つ犯罪映画がこんな意表を突いた映画的魅力を潜ませているとは観客の誰も予想していなかっただろう。

 流麗な編集、緻密で意表を突く構成、巧みに類型からずらされたアクション、個性的な音の演出、自己言及的描写… 『レザボア・ドッグス』は、単にジャンル映画の傑作に留まらない映画的な面白さに溢れた映画だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

拍手とコメント、両方して下さる方はお手数ですが、コメントは下のコメント欄にご記入下さい。拍手ボタンを押した後に出てくる「拍手コメント」に書き込んでも通常ページには表示されない仕様になっているようです。                       ⋮

コメントの投稿
非公開コメント

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する