FC2ブログ

記事一覧

HOME

『パンズラビリンス』 現実と幻想の関係

監督・脚本 ギレルモ・デル・トロ 2006年 メキシコ・スペイン・アメリカ合作映画

パンズラビリンス ファンタジー映画。表現は分かり易く、万人向けのスタイルになっている。ただ、夢や希望を肯定する明るいファンタジーではない。スタイルは子供向きだが、内容は暗く苦い。ファンタジーでありながら、ファンタズムが却って悲惨な現実を浮き彫りにし、人の普遍的な想像力や宗教的心情について考えさせる。

 冒頭で地下世界の王女のおとぎ話が語られ、主人公オフェリアの前に牧羊神パンが現れてオフェリアこそがその王女なのだと言う。初めのうちはそのあからさまに願望充足的な物語、些か過剰な音楽、多用されるCGなどがいかにも陳腐な印象を与える。オフェリアが怪物の食卓からブドウを取って窮地に陥る展開と間一髪でそれを脱する演出などもこれまでに数えきれないほどの映画で繰り返されてきたもので、観客としては飽き飽きしているだろう。
 しかし、ファンタジー部分がいかにも陳腐でありふれたものである一方で、それが実在する幻想世界を描いているのか、単なる妄想なのかが明らかにされず、また現実部分がファンタジー映画ではあり得ないほど極めて悲惨に描き出される。その幻想世界の両義性、幻想と現実の対照がこの映画の見所だ。現実のナナフシが幻想の妖精となる夢物語、虐げられた少女が実は王女であるという凡庸な設定が、徐々に独自の意味を持ってくる。

 舞台は1944年、内戦後独裁政権下のスペイン。父は既に死んでいて、オフェリアは同胞同士が殺し合う悲惨な状況下、軍の大尉である極めて残忍な新しい父、日常的な殺し合い、捕虜や内通者の惨殺、母の病気と死など、残酷な現実に晒され続ける。やがて、その容赦のない現実世界の描写がオフェリアを追い詰め、甘い幻想と救いの物語を紡がせているように見えてくる。彼女が体験するおとぎ話のような幻想は彼女以外にそれを目撃する人がおらず、最終的に彼女と大尉が同じ場に居合わせながら、彼女の見る幻影が大尉には見えないという場面が描かれる。そしてオフェリアは現実世界では死に、幻想の世界では最後の試練を乗り越え王女として迎えられる。ハッピーエンドと受け取ることもできるラストだ。幻想と現実、それぞれの物語が個別に矛盾なく成立し、現実は悲劇的に、幻想は幸福に終わる。この構成が『パンズラビリンス』の優れているところだろう。

 この映画は人にとっての願望や幻想がどのような性質のものであるかを暴き出してしまっている。彼女の見る幻想の世界はいつの世も変わらず悲しみや苦しみを伴う現実からの逃避であり、人の願いを具現化する想像力とその型の普遍性の証でもあるだろう。おとぎ話や宗教の一つの源泉に違いない。
パンズラビリンス しかしこの映画は美しく幸福に満ちた世界が実在する可能性までは否定していない。確かなのはそれが真実在の世界や神の国、極楽浄土などと同様に現実の世界には存在しないということだけだ。それがより一層苦い味わいを残しているが…

 『パンズラビリンス』は万人向けのフォーマットに則ったファンタジー映画でありつつ、それが逆に悲しい現実を浮き彫りにする。そこが美点となっているのだが、一般的な観客がファンタジーに求めるものと逆のものを見せてしまうという点で娯楽作品としては受け入れられづらい。一方で、ビタースウィートな味わいを好む観客にはピッタリの映画だろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
コメント

拍手とコメント、両方して下さる方はお手数ですが、コメントは下のコメント欄にご記入下さい。拍手ボタンを押した後に出てくる「拍手コメント」に書き込んでも通常ページには表示されない仕様になっているようです。                       ⋮

コメントの投稿
非公開コメント

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する