FC2ブログ

記事一覧

HOME

『市民ケーン』 形式の魅力と映画としての魅力

監督 オーソン・ウェルズ 1941年 アメリカ映画

 1941年の映画だが全く古びていない。古びるほどの内容を持っていないとも言えるかもしれない。『市民ケーン』は描かれる内容が特別に興味深いというのではなく、技巧を駆使した表現によってこそ素晴らしい映画となっているためだ。映画が単なる物語ではないということを示す格好の例であり、また、文学や演劇ではない映画の、映画的な面白さに満ちている。

市民ケーン 光と陰が交差する試写室
 光と影が交錯し、人々は言葉を被せ合い、撮影は無造作にその全
 体を捉える。映画的であるより現実的であることで明らかに映画
 としての魅力は増している。
 公開当時はパンフォーカスをはじめとする斬新な映画技法が話題になっているが、経年によって物珍しさが失われた分、現在の方がよりストレートにその魅力を堪能できるかもしれない。その手法がいかに適切な表現であったのかもよく分かる。
 時系列を入れ替えストーリーを再構成する脚本と編集、影による情感の表現、割れたガラス玉から見たような歪んだ像や手前と奥で行われる異なる芝居を一つの場面として捉えた撮影、相互に台詞が被りまくる現実感溢れる演技、編集に同期する音楽等々、表現要素がことごとく優れている。とりわけ編集がもたらす時間表現の魅力に抗える観客はそうそういないだろう。


 この映画の形式上の主人公はニュース映画の記者だ。彼が新聞王ケーンの死に際して関係者を取材していく過程が物語となる。ある著名な人物の死、ニュース映画によるその人物の紹介、彼の人物像と最後の言葉「薔薇の蕾」の連結。必要なことが最短の時間で処理されていて、しかもその間、映画は技巧を駆使した魅力的な描写で埋め尽くされている。見かけ上の主人公を設定し観客の視点を用意した上で、実質的な主人公であるケーンを描いていく巧みな構成と序盤での端的で簡潔明瞭な動機の形成。そこから「薔薇の蕾」の謎を追い、時間を飛び越えていく性急な展開は疾走感を伴い、今もって斬新だ。やがてケーンの人物描写の積み重ねによって観客の関心は言葉としての「薔薇の蕾」から実際のケーンの人物像にスムーズに誘導されていく。
 ケーンの描写は主観的な心理描写を排し、他人から眺められ解釈されたケーン像のみを描き続け、謎を魅力として維持し続ける。作劇術としても巧みだが、同時にその描写が観客の解釈を呼び起こし、作品世界に深い奥行きを与えている点で見事な描写でもある。
 そして最終的にソリが燃やされることで、明確な結末を与えるとともに謎を永遠にして映画は終わる。
 構成は大胆な飛躍を伴い、かつ、論理的と形容していいほど緻密で無駄が一切ない。鮮やかな手際だ。

市民ケーン 手から零れ落ちるガラス玉と粉雪のイメージ
  手から零れ落ちるガラス玉とそこに重なる粉雪のイメージ
 更にその全体の中で、一見作劇上の役割しか持っていないかに見える「薔薇の蕾」に関する描写もさりげなく散りばめられている。
 後見人のサッチャーが幼い頃のケーンにソリで殴られたエピソードが第三者に語られ、後にその実際の場面が描かれると、そこには冒頭のガラス玉の中にあったのとそっくりな家が在る。また大人になり、すでに結婚して子供もいるケーンが、感傷にかられ母の遺品を見に行ったことを語り、その後スーザンが話す彼女の母の願いに深い感銘を受ける様子が描かれる。そして晩年、スーザンの部屋を破壊し、見つけたガラス玉を握りしめて呟く「薔薇の蕾」。
 ソリ、雪の中の一軒家、母親、ガラス玉がそれぞれ比喩的に関連づけられ、膨大な出来事の中に紛れて控えめに「薔薇の蕾」を示唆している。

市民ケーン 僅か3カットで流れ去る十数年
ソリと「merry christmas and happy
 new year」だけで過ぎ去る十数年間
 編集は素晴らしい。
 オーバーラップや二重露光の多用される幻想的なファーストシーンからけたたましい音楽とワイプを使用したタイトなニュース映画への転換、更に光と影が交錯し顔も判別できない中、人々が相互に言葉が重なり合おうがおかまい無しに語り合うリアリティ溢れる場面へと繋げていく截然とした編集のリズム。
 様々な場所で新聞を読むサッチャーが1カットごとにカメラを睨みつけるコミカルなコラージュはいくつものカットを重ねつつ加速していき、最後には意表をついてケーンの事務所での2分を越える長回しに辿り着く。そのテンポが作り出す伸縮する時間のなんと魅力的なことか。
 他にも、ソリの画と台詞「メリークリスマス アンド ハッピーニューイヤー」の3カットだけで一気に流れ去る十数年の歳月、拍手から別の場面の拍手へ、一枚の写真で瞬く間に飛び越える6年間等々、現在と過去を自在に飛躍する先鋭的なカット繋ぎの魅力は圧倒的だ。心地よいリズムを刻み、前後に連なったカットの僅かな共通要素が状況、人物、場所などのあらゆる違いを際立たせて優れた対照効果を発揮している。その流動し飛躍する時間の快感、それを生み出す編集の巧みさは数ある映画の中でも傑出している。

 描写も濃密だ。ニュース映画の中で象が釣り上げられ、群衆が騒ぎ、記者が押し寄せる等々の僅か1カットだけの映像がすべて本物のドキュメンタリーに匹敵するほどの濃密なリアリティを備えている。
 物語上ではケーンの死を提示するためだけの冒頭場面さえ、連続するオーバーラップ、消灯に同期する擬態音的な音楽、シルエットとして捉えられる死者など、全てのカットに狙いがあり映画的表現に高められている。
 その描写の水準は全編に及び、弛緩したところは一切ない。また、70年を2時間に圧縮した慌ただしい時間の中でもほとんどの登場人物が物語の展開に貢献しない純粋な人物描写を持ち、それが彼らを魅力的な生きた人間にするとともに作品世界に高い水準で現実感を与えている。

 その他、この映画の美点すべてを書きつくすことはできない。

 『市民ケーン』はあらゆる細部に魅力が宿った映画であり、個々の要素がそれぞれ素晴らしい。だが、その中でも編集の生み出す時間の魅力は圧倒的だ。このことはおそらく時間表現が映画という形式そのものの魅力の主要な部分を占めていることを示唆しているのかもしれない。
 それにしても25歳の処女作で稚拙さを感じさせるどころか、逆に卓越した技巧によって観客を魅了するのだから、確かにオーソン・ウェルズは早熟の天才と呼ばれるべきだろう。これほど最初から才能が完成された状態でキャリアをスタートさせた映画監督は他にいない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

拍手とコメント、両方して下さる方はお手数ですが、コメントは下のコメント欄にご記入下さい。拍手ボタンを押した後に出てくる「拍手コメント」に書き込んでも通常ページには表示されない仕様になっているようです。                       ⋮

コメントの投稿
非公開コメント

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する