FC2ブログ

記事一覧

HOME

『噂の娘』 洗練された演出と悲劇

監督/脚本:成瀬巳喜男 出演:千葉早智子・梅園龍子 1935年

『噂の娘』 成瀬巳喜男 小さな一家族の悲劇を描いた内容がどの程度観客の興味を引くかはともかく、表現においては熟達した技巧が技巧そのものを意識させない自然さを獲得していて、作品の背後に作り手の存在を感じることなく観客は安心して内容に集中できる。この時の成瀬はすでに日本映画を代表する監督の一人になっていると言っていいだろう。

 床屋から見る老舗の酒屋から始まり、その酒屋を営む家族の様々な葛藤を描いて、最後に床屋に戻った視点からその終焉を描く。スムーズな構成で、冒頭での理性的で善良な父と末尾で家族を破滅させる愚かな父が対比されている。理知的なシナリオが明快で心地いい。

 そして成瀬には珍しくこの映画では男性陣が魅力的だ。作劇のために幾分理想化されている邦江やその対比として造形された紀美子が多少類型的であるのに比べて、父や祖父はずっと個性的な人物となっている。
 父の健吉は常に善良で落ち着いた人物を演じていて、家族にさえその建前を貫き通す。自らの嘘が露見し家業を破綻させるに至ってもついにその外面を崩すことがない。祖父も商売を傾けた張本人として紹介されつつ、店の酒を飲み、三味線を弾いたり酒場で軽口を叩いたりと無責任で気楽な隠居であり続け、破局に直面してもやはり変わらない。優しく健吉を許し、邦江には気休めを口にし、他人には「看板が変わるだけだよ」とまさに他人事のように語る。宵越しの金を持たない江戸っ子ということだろうか? 楽しそうに飄々と生きている人だが、家族には何の助けにもならない無能な人物であることも明らかだ。彼らは現実に存在していそうな実在感を備えていて、しかも映画では滅多に見ることのない類のキャラクターでもある。

『噂の娘』 成瀬巳喜男 表現面ではかつて成瀬が愛した急速なクローズ・アップの反復は抑制されて、予め寄りのカットをさりげなく挿入し、ゆっくりとした速度で紀美子とお葉、祖父と父などの間で行われる。効果はそのままに、より自然な表現になっていて、成瀬が円熟期に差し掛かっていることを感じさせる。
 また、本編中背景音楽を使わず、邦江が自分の見合い相手と紀美子が一緒にいるのを目撃する場面では船のエンジン音がそのショックを演出し、別の場面では祖父の弾く三味線と紀美子がレコードで流す西洋の音楽が奏でる不協和音がそのまま家庭内の軋轢を表すなど、演出は常に効果的でありつつ自然で作為を感じさせない。
 それら洗練された描写が技巧を隠してリアリティを維持し、元来の持ち味である編集の流麗さは快い時間推移を伴っている。優れた映画だ。ただ、優れた映画ではあるが内容の重苦しさが多くの観客にそれ以上の印象を残すだろう。

『噂の娘』 成瀬巳喜男 床屋から見る客観的な視線から始まりつつ、すぐに酒屋を営む一家の人々に軸足を移す描写と展開が観客の感情移入を促し、彼らの演じるドラマがこの映画の中心に据えられていく。が、ラストで彼らの悲劇を唐突に突き放してカメラは床屋へ戻ってくる。その冷淡さには少し驚かされる。悲劇的な物語をそう見せない成瀬特有の軽さがここにはない。『妻よ薔薇のやうに』では、両親の情緒的な、ややもすれば湿っぽい演歌にでもなり得そうな関係を、娘の視点から描くことで、悲劇であるよりも清潔で明朗な映画に仕上げていた。しかしその客観性はここでは登場人物たちを一気に突き放し、作品を完全な悲劇にする。『噂の娘』では内容が表現を越えている。或いは表現が内容に加担している。非情な客観性と明確な悲劇であることがこの映画の大きな特徴だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
コメント

拍手とコメント、両方して下さる方はお手数ですが、コメントは下のコメント欄にご記入下さい。拍手ボタンを押した後に出てくる「拍手コメント」に書き込んでも通常ページには表示されない仕様になっているようです。                       ⋮

コメントの投稿
非公開コメント

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する