FC2ブログ

記事一覧

HOME

『告白』優れた描写と奇抜なプロット

監督/脚本:中島哲也 原作:湊 かなえ 出演: 松たか子・橋本愛・木村佳乃 2010年

 異常で猟奇的な登場人物・ストーリーと優れた描写でできている映画。人間のネガティブな情動を露悪的に描き、観客の皮相な好奇心を刺激する。その種のものを好まない人には向かないだろう。サービス精神に溢れたエンターテイメントとも言えるし、安っぽく興味本位とも言えるかもしれない。

 登場人物の設定やプロットは、その奇抜さで観客を引きつけるだろうし、凡庸な娯楽映画にありがちな安っぽい倫理観の表出を排して復讐劇に徹する物語には爽快感もある。

告白 松たか子 演技を含め描写は作り込まれている。
 小さな声で淡々と娘が殺されたことを話し出す教師、その間も騒ぎ続ける生徒たち。冒頭から異常なシチュエーションが観客を引きつける。声の音量はコントロールされて観客が聞くべき部分はちゃんと聞こえるし、そうでない部分は生徒の私語にかき消されてリアリティも同時に演出されている。
 精神を病んだナオキの悲惨な場面でのコメディ映画のような演出、不幸を強調する幸福な音楽の使い方なども面白いし、役者の演技も松たか子を筆頭に非常にリアルで見応えがある。

 ただ、全般的なリアリティはない。非現実的な展開と人物の不自然な心理の一方で、優れた描写だけが強引にリアリティを維持していく。
 松たか子の淡々とした告白は生徒にとって意外性と重大さを持っていて、現実であれば途中、生徒に揶揄されたり、騒然となって聞き取れず、途切れてしまうことだろう。しかし長いセリフが、まさにセリフのように淀みなく流暢に語られ、演劇的なリアリティを醸成する。展開は不自然だが演出は巧い。

告白 橋本愛 そのセンセーショナルな告白は、到底、数十人もの人間が秘密裏に保持できるようなものではなく、これも現実であればすぐに噂が学校中に広まり、校長や他の教員が大騒ぎし、保護者間で大問題になり、通報を受けた警察が動くということになるだろうが、この映画ではそうならない。クラスメートの起こした殺人事件や教員の薬物混入事件は、なぜかそれを聞いた誰もが秘密にして、そのままの状態で事態が進展していく。非常に不自然な物語となっていて、その奇妙な展開を可能にするシナリオ上の仕掛けもないので、徐々に描写の力だけでは映画のリアリティが維持できなくなっていく。特にナオキやその母親の言動にかなりの無理があり、彼らの描写以降、映画はほぼ完全に自然主義的なリアリティを失っている。その結果、観客は軽く、ただ露悪的な内容とその奇抜な展開を楽しむしかなくなってしまう。

 主要な登場人物も皆が皆特殊で、自分の人生を捨てて娘の復讐を個人的に果たそうとする女性、自分の作った機械によって人を殺すことで母親に認められようとする少年、単細胞の熱血教師など、いつの間にか漫画の中でしかリアリティを保てないような非現実的な人々ばかりになっている。

 しかし、これらはプロットに最初から宿っている弱点だ。奇を衒った予想外のプロットで観客をひきつける映画なのだから、そのプロットに沿った不自然な物語の展開や登場人物の無理のある言動には目をつぶるしかないだろう。

告白 ラストの演劇的演出 クライマックスでも体育館で異常な言動に及ぶ修也が、なぜか周囲の生徒や教員たちに邪魔されることなく、不自然で見事な大芝居を最後まできちんと演じきる。まるで歌舞伎のような演出で、観客が「よっ日本一!」と叫んでもよさそうな雰囲気だ。

 プロットに内在する皮相さは原理的にどうしようもなかっただろうが、ストーリー展開の不自然さはシナリオの段階でもう少し緩和できなかっただろうか? 

 しかし描写は一貫して見事で、松たか子を筆頭に、木村佳乃、橋本愛など、俳優陣の演技自体は非常に高いレベルにあるし、演出も冒頭と結末を舞台劇調で統一することで、現実とは異なる様式的なレベルでのリアリティをかろうじて維持して、荒唐無稽な内容に観客が完全に白けてしまうことを防いでいる。
 一般的には好評で興行収入35億円の大ヒットとなり、批評家の評価としては投票で決まるキネマ旬報の年間ベストテンで2位、選考で決まる毎日映画コンクールでは無冠となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

拍手とコメント、両方して下さる方はお手数ですが、コメントは下のコメント欄にご記入下さい。拍手ボタンを押した後に出てくる「拍手コメント」に書き込んでも通常ページには表示されない仕様になっているようです。                       ⋮

コメントの投稿
非公開コメント

年代別

ジャンル別

プロフィール

ぱこぺら

Author:ぱこぺら
批評なので基本的にネタバレです。できるだけ下記の方針で書きます

・作品外の周辺情報を考慮せず作品内の表現に基づいて評価する
・歴史的な読み、評価から離れて現在の視点から論じる

リンク

撮影監督の映画批評

無意識の感情移入など専門的な視点から語られる映画評。個性的。

 

映画中毒者の映画の歴史

創成期の映画史と当時の作品の解説。貴重な情報が多数。


このブログをリンクに追加する